迷ってしまう3歳ごろの絵本選び!どんな絵本がいい?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存
  • 0
スポンサーリンク

迷ってしまう3歳ごろの絵本選び!どんな絵本がいい?

child-honn

3歳と言うと格段に子どもの世界が広がる時期です。

園に入園し、新しいお友達や親以外の大人(先生)ともかかわる機会が増えいろいろなことを吸収していく時期です。

また親元を離れている時間も増えますのでわたしは、『絵本を読んであげる。』という時間がとても貴重な時間だと感じています。

そこでこの時期お薦めの絵本や絵本の選び方をお伝えしていこうと思います。


3歳の世界は

3歳と言うと園に入園する頃なのでお友達とのかかわりが増える時期です。

お友達とのかかわりから学ぶことも多く、また一人遊びから集団での遊びにも変化していきます。このころの遊びはごっこ遊びが見られます。

ごっこ遊びとは、おままごとやヒーローごっこなどです。

ごっこ遊びは空想です、このころからはストーリー性のある物語も受け入れるようになります。

ごっこ遊びは脳の発達にとても有効です。

思う存分させてあげましょう。

また興味も広がる時期ですので『なぜ?どうして?』といった質問攻めにあうこともあるでしょう。

手先も器用になってきますのでお絵かきや工作なども上手になってきます。


お薦めの絵本

《ストーリー性のある物》

かんたんなストーリーのある絵本がお薦めです。

最初は短めの物語から始めお子さんの様子を見ながら徐々にお話を長くしていくと良いでしょう。

気に入った物語絵本は暗記するほど読んであげましょう。

読んでもらいながら自分で書かれている文字を目で追うことがお子さんの文字の認識にもつながります。

暗記するほど気にいる絵本があるって素敵ですよ。

また、今はあまり読まれなくなってしまいましたが、桃太郎やさるかに合戦、花咲か爺さんなどの昔話も心の成長に良いと思います。

ぜひ読んであげたい絵本です。

《写真絵本・図鑑》

このころはいろいろな物に興味を示します。

興味のある時にそれに沿ったものを与えるのが成長の助けになります。動物、昆虫、電車など。好きなものの知識ってどんどん入っていくものですよね。

図鑑で興味を示した物が題材の物語絵本を読んであげる。といった拡げ方もあるでしょう。

《生活絵本》

園に入園するとお友達との付き合いが始まります。

理不尽な目にあったり、譲り合いが必要だったり、我慢、思いやり、そんなことを学ぶ時期でもあります。

そういった事を親が教えようと思ってもなかなか理解してもらいにくい事柄だと思います。

そこでお薦めなのが絵本です。

幼稚園が舞台となった絵本。こんな時どうするの?といった内容の絵本が沢山ありますのでその時の悩みに沿った絵本を探してみてください。

また、トイレの使い方、ハサミの使い方、靴のそろえ方などを覚える時期でもあります。

絵本で見たことを実際にやってみる。できたね!と褒められる。褒めてあげる。そうして達成感を与えるとすぐにできるようになります。

トイレの絵本は読み聞かせでも人気です。

《科学絵本》

生活するうえで疑問に思った事をなんでも知りたがる時期です。

図鑑とも重なる部分もありますが知りたい要求に応えられる簡単な科学絵本もおすすめです。

雨はどうして降るの?とかアリの巣はどうなっているの?などと言った身近な疑問に簡潔に答える絵本もありますので探してみてください。


絵本の選び方

ストーリー絵本が好きなお子さんと、図鑑の好きなお子さんに分かれるかと思います。

お子さんの興味のあるものを与えてあげると良いでしょう。

気に入った絵本は暗記するほど読みこむことをお薦めします。

最初はお母さんが読んであげる。

そのうち自分で読んだ気になる。文字の存在に気づく。

自分で読める。他のやさしい絵本を読んでみる。

文字が読めるようになる。といった具合に自然に文字を習得することが出来ます。

お話を読んであげる時、お子さんは絵しか見ていません。それでいいのです。

お子さんは絵本の世界に入り込んで自分がそこにいるかのように感じているのです。

そうやって空想する、想像する事は成長に欠かせない事なのです。

なかなか教えることの難しい、人との関わりあいや社会のルールを伝えるもの、疑問に答えてくれる絵本を上手に選んでお子さんに与える。

そうやってお子さんの成長の手助けに出来ると良いですね。

そうは言ってもなかなか絵本を選ぶのは難しい事です。

その場合配書サービスを利用するのもひとつの手です。

幼稚園で毎月の配書サービスを行っているところもあります。

その時の年齢に合わせた絵本を毎月購入することのできるサービスで絵本でもペーパーブック型でお値段のリーズナブルな物もありますので取り掛かりには最適だと思います。

毎月なので季節に沿った物が届いたり、また自分の好みに偏らずいろいろな本を手にすることが出来るのも配書サービスの良いところです。

昔から変わらずある絵本は良書の証です。

ご自分が子どものころ読んだ絵本がまだ書店に並んでいるようでしたらそれは良書と言えるのかもしれません。

そういったものを懐かしく読んであげるのも良いでしょう。


まとめ

迷ってしまう3歳ごろの絵本選び!どんな絵本がいい?
3歳の世界は
お薦めの絵本
絵本の選び方

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存
スポンサーリンクと関連コンテンツ