三つ子の魂百まで 3歳までにやっておきたい6つのこと

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存
  • 0
スポンサーリンク

child

「三つ子の魂百まで」ということわざを聞いたことはありませんか?

これは 3歳 頃までに受けた教育によって作られた性質や性格は、100歳になっても変わらないという意味です。

昔から伝えられているほど、幼い頃の経験や教育はいかに大事かがわかりますね。

それでは一体どんなことを子供に教えていけばいいのでしょうか?

ここでは3歳までにやっておきたい教育についてご紹介します。


三つ子の魂百まで 3歳までにやっておきたい6つのこと

なぜ3歳までの教育が重要なの?

3歳までの教育が大事とは聞くけれど、その根拠は何でしょう?

産まれたばかりの赤ちゃんは目も見えず、自分で移動することもままなりません。

そんな赤ちゃんが歩き、言葉を理解し、おしゃべりするようになっていく様子を見ると、その急成長ぶりに驚きを隠せません。

脳の発達に関係するニューロンと呼ばれる神経細胞の数は1歳にピークになるとされています。

ニューロンやシナプスの数が増えたり、情報を素早くやりとりできる機能が発達すると脳は重くなります。

赤ちゃんの脳の重さは産まれた直後は約400g。8ヶ月で約600g、3歳では約1,200gと大きくなり、5歳になると成人とほぼ同じ1,300~1,400gになります。

0~3歳までで脳の重さは約3倍にまで成長します。

人格形成や言語能力もこの3年間でほぼ形成されるとされています。

また、1歳までに母親から愛情をいっぱい注がれて育てられた子供と放っておかれた子供を比べると、大脳新皮質の厚さが薄く、コミュニケーション能力が低いという研究報告もあります。



3歳までにやっておきたいこと6つ

子供がしたい時にしたい事を

子供が求めるタイミングで手助けをしてあげることで、好奇心をのばすことができます。

親が先回りしてアレコレやってあげるのはNG。子供の自発性が育ちません。

のびのび自由に!

子供の好奇心を伸ばすためには、のびのびと自由に動ける空間を与えてあげるのが効果的です。

家の中で走り回ったら「うるさいからダメ!」、気になるものを触ろうとしたら「危ないからダメ!」となんでもダメダメ言われてしまうと、積極性や意欲が削がれてしまいます。

広々とした公園や原っぱに連れていったり、家の中に危ないものや触られたくないものがあればしまっておくなどして、自由に遊べる空間を与えてあげてください。

3歳までの子供はまだまだ未熟。大人の目が届くところで遊ばせてあげてくださいね。

基本的な生命欲求を満たしてあげる

子供は安心できる環境で愛情や栄養を充分に受け、守ってもらえることがすべての基礎になります。

不安や生命的危機を感じると、身体のエネルギーを成長にまわそうとしません。

お腹が空いたとき、おむつを替えてほしいとき、甘えたいとき…。

子供は自分の欲求をダイレクトに親に伝えてくれます。

そんな時はしっかり欲求を満たしてあげましょう。

そうすることで、次の成長のステップに進むようになります。

一緒に体験し、共感する

幼いうちはどうせ覚えてないから特別なことはしなくてもいいなんて思っていませんか?

例え覚えていなくても、その体験が子供の成長に繋がる刺激になるかもしれません。

子供は見るもの、触れるものすべてが新鮮で刺激的。

いろいろなものを見せたり、身体を動かしたり、五感をフル回転させることで脳が活性化されます。

親も子供と一緒になって楽しむことで、子どもが「共感してもらえた」という幸せを感じることが出来ます。

そうすることでまたいろいろなことにチャレンジしたい!と思うようになり、良い循環を生み出します。


できるまで待ってあげる

1歳を過ぎたあたりから、興味を持ったことに対して自分でやろうとしたがります。

最初は微笑ましく見ていても、なかなか上手く出来ないと親が手を出したくなっちゃいますよね。

しかし、それだと子供が「達成感」を味わうことができません。

また、物事に対して「なんで?」「どうして?」と聞いてきた時に即答してしまうと、子供の想像力を奪ってしまいます。

「どうしてだろうね?」「○○ちゃんはなんでだと思う?」などワンクッション置いてあげることで、自分でいろいろ考える力を養う機会を作ってあげられます。

家族以外の人と触れ合う機会を作る

社会性やコミュニケーション能力は、社会の中で育まれるもの。

公園や支援センターなどで同年齢の子供と遊んだり、近所の人と話したりすることで家族以外の大人と触れ合う機会があるといいでしょう。


3歳まではあっという間!

乳幼児期はたくさん愛情を注ぐ時期です。

抱っこしたり、褒めてあげたり、慰めてあげたり…親の行動のひとつひとつが愛情と幸せを子供に与えてあげられます。

子供の心が満たされると、自信や安心感を得て、新しいことにチャレンジしようと意欲的になっていきます。

3歳頃までは体力や性格などすべて個人差が大きいものです。他の子と比べずにわが子のペースで成長を見守ってあげてください。


まとめ

三つ子の魂百まで 3歳までにやっておきたい6つのこと
なぜ3歳までの教育が重要なの?
3歳までにやっておきたいこと
3歳まではあっという間!

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存
スポンサーリンクと関連コンテンツ