二分の一成人式10年後の子供へメッセージ書き方例文

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存
  • 0
スポンサーリンク

成人式というと、本来は20歳を迎える節目の年に行われる行事をいいます。

しかし近年は、20歳の半分、10歳を迎える年に「二分の一成人式」を行う自治体や学校が増えてきています。

まだあまり耳になじみのない「二分の一成人式」ですが、一体どのような行事なのでしょうか。

「二分の一成人式」の内容や、子供に贈る メッセージ の 書き方 について詳しくご紹介いたします。


スポンサーリンク

二分の一成人式10年後の子供へメッセージ書き方例文

二分の一成人式とは?

「二分の一成人式」は、その名の通り“二分の一成人”つまり成人(20歳)の半分である10歳の節目を祝う行事です。

10年ほど前から一部の自治体や学校で行われ始め、近年は新たな行事として大流行しています。

「二分の一成人式」が行われる時期は従来の成人式同様に1、2月が最も多いですが、地域によっては10、11月頃に開催されるケースもあります。


どんなことをするの?

「二分の一成人式」では、これといって「行うべき内容」というのは決まっていません。一般的には「子供の作文発表」「親から子供へのメッセージ贈呈」「アルバムや成長記録の作成」「合唱」「記念撮影」「子供の頃の写真などをプロジェクターで放映」などを行うことが多いようです。

特に「子供の作文発表」「親から子供へのメッセージ贈呈」は、ほとんどの「二分の一成人式」で行われており、親子ともに“心に残った”“感動した”という感想が多いものとなっています。

また、学校によって、学年単位で式を行うところもあれば、クラス単位で式を行うところもあります。

先生たちから祝辞を受ける、子供たちの代表が皆の前で将来の夢を発表する、未来の自分に宛てた手紙をタイムカプセルに入れて埋めるなどなど、それぞれに工夫を凝らした行事が行われています。


子供に送るべきメッセージ

「二分の一成人式」でもメインイベントの1つである「親から子供へのメッセージ贈呈」ですが、いざ子供にメッセージを贈るとなると、なにを書けば良いのか分からない……という人も少なくありません。

実際に「二分の一成人式」を経験したことのある親御さんたちの話では、「生まれてから10歳になるまでの出来事や思い出」「子供の将来に対する希望」などをメッセージにして贈ったという人が多いようです

具体的には、妊娠が分かった時の喜びや出産時のエピソード、名前の由来、幼かった頃の話、生まれてきてくれたことへの感謝、これからも元気に育って欲しいという願いなどを伝えるケースが多いそうです。

中には、子供が生まれてから現在までのエピソードを、1年1ページの絵本にまとめてプレゼントした……という人までいます。

どのような形であれ、親の愛情が感じられる内容であれば、「二分の一成人式」にふさわしい贈り物と言えるのではないでしょうか。


こんなメッセージはNG

親子ともども深い感動を味わえる「二分の一成人式」ですが、子供に対して“親への感謝”や“将来への希望”を強制するようなメッセージはNGです。

「ここまで育ててあげたのだから感謝しなさい」「将来はこんな職業に就いて親を安心させて欲しい」……こんなメッセージを親から押しつけられたら、子供たちはげんなりしてしまいますよね。

「二分の一成人式」は親から子供に気持ちを伝える良い機会ではありますが、親の気持ちや願望を一方的に押し付ける場ではありません。

子供の負担にならないようなメッセージを考え、伝えることも、親の務めと言えるでしょう。


メッセージの書き方例文

それでは、「二分の一成人式」に親から子供に贈るメッセージの書き方例文をいくつかご紹介しましょう。

例文1

「〇〇へ

二分の一成人式、おめでとう。 

まだまだ小さな赤ちゃんだと思っていたら、いつの間にか、もう10歳なのですね。

今、〇〇は大人と子供のちょうど真ん中にいます。

これから、どんな風に成長していくのかとても楽しみです」

例文2

「〇〇へ

二分の一成人式、おめでとう!

あんなに小さかった〇〇も、もう10歳になるんだね。

〇〇がお腹にいるのが分かったとき、パパとママはすごく嬉しかったんだよ。

生まれてきた〇〇はとても小さくて、愛おしくて、パパもママも涙が出たことを昨日のことみたいに覚えています。

〇〇はパパとママにとって、本当に大切な存在だよ。

どんなことがあっても、パパとママは〇〇の味方だってこと、忘れないでね。

これからも、色んなことを一緒に経験しながら成長していこうね!」

例文3

「〇〇へ

二分の一成人式おめでとう。

〇〇が生まれてきてくれて、お父さんとお母さんは「親」になることができました。

はじめての子育てで、大変なこともたくさんあったけど、〇〇と一緒に、お父さん、お母さんも「親」として成長させてもらっています。

〇〇、生まれてきてくれて本当にありがとう。

これからも、強く明るく優しい〇〇のまま、元気に育っていってね。

お父さん、お母さんはいつでも〇〇を応援しています」

例文4

「○○へ

二分の一成人式おめでとう。

生まれてから10年、いつの間にかこんなに大きくなったんだね。

学校だけでなく、家でもいつも明るく一生懸命な○○。

優しくて面倒見のいいお姉ちゃん(お兄ちゃん)に育ってくれて、

お父さんもお母さんも、いつも頼もしく見ています。

ずっと家族仲良く、楽しいこと、新しいこと、一緒にしていこう。

これからもよろしくね。」

以上、メッセージの書き方例文でした。子供へのメッセージを贈る際の参考にしてみていただければと思います。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存