1歳ごろにはどんな絵本を読んであげるのが良い?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存
  • 0
スポンサーリンク
スポンサーリンク

1歳ごろの絵本の読み聞かせ

child

お子さんといろいろな遊びをする中でからだを使った遊びも良いですが心も育てたい、知識も与えたい、そう思われることと思います。

そこで効果的だと思うのが 絵本 の読み聞かせです。

今回は1歳ごろにはどんな絵本を読んであげるのが良いかをお伝えできたらと思います。


1歳ころの絵本の選び方

1歳までに絵本の読み聞かせをしているお母さんは絵本選びにも慣れてくるころかな、と思いますが、お母さんが見て面白そう。と読んであげても反応がいまいち。という事もあるかと思います。

逆に、え?これ?と言いたくなるような絵本がだいすきで何度も何度も読まされたり…。

やはりそうやってボロボロになるまで読んで。子供にせがまれる絵本に出会えるってとてもうれしい事ですよね。

さて、1歳ころのお子さんはハイハイやつかまり立ちなどで行動範囲も広がっていろいろなものに興味を持ち始める時期ですね。

そんな時におすすめの絵本は、まずは簡潔で字の大きいもの。絵も大きくてはっきりと描かれているものがおすすめです。


説明絵本

例えば『いちご』について説明されているような絵本。

説明絵本とも言います。ページに大きくみずみずしいいちごの絵が描かれ、お子さんが思わず手を伸ばして食べる真似をしてしまいます。

ページによって数がいくつかあったり半分にカットされていたり、目にもおいしい絵本です。

お子さんが手を伸ばした時はぜひお母さんも一緒に美味しいいちごを召し上がってくださいね。


手遊び絵本

あとは身近な遊びの絵本も良いですね、かくれんぼやいないないばあなどの描かれている絵本は一緒に遊べるのでお勧めです。

動物の描かれているものは一緒に鳴きまねなどしてみると楽しいですね。

だるまさんが転んだ。

などの絵本もありました。


意味のない言葉

それからこのころのお子さんに限らずなぜか好まれる絵本は意味のない言葉が繰り返し出てくる絵本。

たとえば『もこもこ』や『もぐもぐ くねくね』、だったり、ひたすら線を引いている絵本など。

絵本にくぎ付けになって一緒に身体を動かしたり声を上げて笑う姿も見られます。

大人の私たちにはちょっとわからない面白さがあるのでしょうね。


リズム感のある絵本

その他にはリズムのある絵本。言葉遊びのような覚えやすい言葉の繰り返しなどの絵本もおすすめです。

何度か読むうちにお気に入りのフレーズを一緒に言ってくれる日が来るかもしれませんね。


食べ物絵本

説明絵本と被ってしまう部分もありますがこのころのお子さんは食べ物の絵本も大好き。

うちの子はホットケーキの出てくる絵本が大好きで何度も何度も読まされました。

読んでいるうちに覚えて、隣でホットケーキを焼く真似をしたり、おままごとにもつながっていきました。


絵本の役割

1歳ころの絵本の役割はいろいろあります。

一番は興味を広げること。そして物の名前と映像、画像を頭の中で結びつける役割があります。

子どもはまず耳から言語を入手し、そのあと、あぁ、これが『いちご』というものか!といった具合に頭でつなげていくようになります。

その手助けをしてくれるものの一つが絵本です。

興味を広げる。といった意味では絵本に出てくる『いちご』を実際に食べてみる。

味を知る。いちごは『赤い』、この色を『赤』というのか。

このページには『3個』いちごがある。といった感じですね。

すぐにではありません。何度も何度も読むうちに自然にわかっていくものです。


絵本の与え方

絵本を与える。と言うのはおかしい表現かもしれませんね。

まだこのころは自分で読むことはできないかもしれません。

それでもお膝にのせて絵本を読んであげる。お母さんもお子さんの重みを感じながらお子さんのにおいをすいこみながら読みきかせをすることはとっても幸せな時間だと思います。

しばらくそうやっているとお子さんは自分で絵本を読んでみようと思うようになります。

破れちゃうからだめ!なんていわずどうぞお子さんにページをめくらせてあげてください。

自分で読もうとする始まりです。

お気に入りの絵本が出来る。というのはとても良い事です。

気に入って何度も何度も同じ本を読まされると親としては、え~、また?と思ってしまったり。

他のものにも興味を示してもらいたいと新しい絵本を次から次へと買ってきたくなるかもしれません。

でもそれはちょっと待ってください。

お気に入りの絵本を読まされ読まされ繰り返すうちにお子さんは物と名前を結びつけます。

暗記してしまうほど読みこんだらあっさりと言葉を覚えます。

また、ページをめくるだけでその世界に入りこんで行けるようになります。想像力が育ちます。

いろいろな絵本を読んであげるのももちろん良い事ですがお気に入りの一冊はどうか大切にしてあげてください。

次の絵本を選ぶときもその絵本に出てきたものが出てくるような絵本を選ぶと興味を引いて良いでしょう。

読んで読んで読み倒してようやくそれが『絵本を与えた。』事になるんでしょうね。

そういう読み聞かせをわたしはお薦めしたいです。


まとめ

1歳ごろにはどんな絵本を読んであげるのが良い
1歳ころの絵本の選び方
説明絵本
手遊び絵本
意味のない言葉
リズム感のある絵本
食べ物絵本
絵本の役割
絵本の与え方

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存