1ヶ月検診に必要な持ち物と服装と費用はどれくらい?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存
  • 0
スポンサーリンク

1ヶ月検診に必要な持ち物と服装と費用はどれくらい?

1kagetukennsin

1カ月検診 ではママと赤ちゃんのどちらの様子も見てもらえます。

1ヵ月といえば、昼夜問わず赤ちゃんのお世話をしてきた疲れがどっと出る時期でもあります。

また、毎日のお世話を通して不安なことも出てくるでしょう。

1ヵ月検診の準備をしっかりしていけば、慌てることなく落ち着いて先生にお話が聞けますよ。


1ヵ月検診に必要な持ち物って?

1ヵ月検診では、もちろん赤ちゃんの首も座っていませんし、初めての外出になる赤ちゃんがほとんどでしょう。こちらで検診に必要な持ち物をチェックして行ってください。

  • 母子手帳
  • 保険証(ママのも赤ちゃんのも)

こういったものは受診する際、必ず必要になります。

なるべく一つのケースに入れるなどして取り出しやすく、まとめやすくしておきましょう。

今後急に自分以外の人に病院に連れて行ってもらう時にも分かりやすいです。

  • 受給資格証

1ヵ月検診は保険適用外ではありますが、治療や処方(薬をもらう)の場合には必要になることも。こちらも、母子手帳と一緒に保管しましょうね。

続いて、赤ちゃんのお世話に関しての持ち物をチェックしましょう。

  • おむつ 最低2・3枚は持っておきましょう
  • おしりふき
  • 着替え2セットくらい(季節によっては院内と室外の温度差もあることを考えましょう)
  • ビニール袋(汚れものなどを入れます)
  • タオル(フェイスタオル1枚とハンドタオル1枚くらい)
  • 哺乳瓶やミルク等

たくさん持って行って安心したい気持ちもありますが、赤ちゃんを横抱っこして荷物を持つのも大変ですよね。

例えば、おもちゃなどは、1ヵ月ではまだ効果があまりありませんし、ミルクも時間が決まっていると思いますので、最低限+1回分くらいにおさえるのがいいかと思いますよ。

荷物はできるだけ最小限にして、肩掛けのバックなどを工夫するといいかと思います。

もし、時間が合えば、もう一人家族の人についてきてもらった方が安心感がありますね。


1か月検診…どんな服装を意識すればいいの?

baby

1ヵ月検診は、赤ちゃんの検診ですが、ママの子宮の戻りなどを見るママのための検診でもあります。

妊婦検診と同じような服装を意識した方がスムーズです。

また、検診は待ち時間がある場合もあるので、赤ちゃんがお腹をすかせてしまうことも。途中で授乳が必要な場合、おっぱいをあげやすい服装を意識した方がいいでしょう。

普段あまり着ない人もいるかもしれませんが、ささっと授乳させるには授乳服は便利ですよ。

病院側には授乳室も用意されていると思います。


気になる1ヵ月検診の費用。一体どのくらいかかる?

産院によって異なるのですが、1ヵ月健診の費用は3000円~5000円位です。

ただし、自治体によっては補助が出る場合もあります。

また、赤ちゃんが病気にかかっている場合などは、乳幼児医療費助成制度の対象になります。

この時期は赤ちゃん用品をそろえたり、おむつやミルク代もかかったりする時期です。補助があるととっても助かりますよね。


まとめ

1ヵ月健診は、日頃不安に思っていることもしっかり聞くことのできるいい機会です。

検診当日になって慌てないように、事前にどんなことが心配か、どんな情報を得たいかをまとめてメモしておくとスムーズかと思います。

ささいなことでも聞くことで安心することができます。

また、小さい自治体などの場合、産院で一緒だったママや赤ちゃんと偶然顔を合わす機会になるかもしれませんね。

その際には、あまり他の赤ちゃんと比べすぎないように。

例えば、あの子よりうちの子が小さいといったことになりますが、赤ちゃんには個性もありますし、まだ成長過程です。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存
スポンサーリンクと関連コンテンツ