13歳のお祝い十三詣りの参り方

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存
  • 0
スポンサーリンク

子どもの年齢に関わる行事といえば七五三が代表的ですが、十三詣り というのがあるのをご存知ですか?

その名の通り13歳で行う伝統的な行事で、近年全国的に広まりつつあります。

今回は十三詣りについてまとめてみました。


スポンサーリンク

13歳のお祝い『十三詣り』って知っている?

そもそも十三詣りって何?

十三詣りは京都を中心に関西地方で行われてきましたが、近年では全国でも行われてきています。

数え歳で13歳を迎えた男の子と女の子が、福徳と英知を授かるために祈願する伝統的な行事です。

十三詣りが始まったのは、江戸時代の中頃と言われていて、当時数え年の13歳というのは、元服をする年齢でした。

つまり、大人の仲間入りをする歳です。

女の子は、この時に初めて化粧をするとも言われています。

また、女の子にとってこの年齢は最初の厄年でもあり、厄落としの意味も兼ね備えていました。

特に有名なのは、京都嵯峨の虚空蔵法輪寺の十三詣りです。

他には、大阪の太平寺、奈良の弘仁寺が挙げられます。

関西を中心に行われている伝統行事ですので、関東では馴染みが薄いかもしれませんが、茨城県那珂郡東海村にある村松山虚空蔵堂を中心に、茨城県北部で盛んに行われていました。

最近では全国的に広まりつつあり、東京の浅草寺でも十三詣りの参拝客が多く見られます。


十三詣りの由来

弘法大師空海をご存知ですか?真言宗の開祖です。

実は十三詣りで虚空蔵菩薩を参拝する理由に、この弘法大師空海が大きく関係しているのです。

空海が19歳の時に、「虚空蔵求聞持法(こくうぞうぐもんじほう)」を修したと言われているのですが、その後飛躍的に記憶力が増したという説があります。

虚空蔵求聞持法とは、虚空蔵菩薩の真言を100万回唱える修法です。

その為、虚空蔵菩薩を参拝するのです。

では、なぜ13歳なのでしょう。

先述の通り元服が行われていたのが13歳だったというのもあるのですが、そもそものきっかけはもっと古くにありました。

十三詣りで有名な京都の法輪寺に残る話では、平安時代に幼くして天皇に就いた「清和天皇(せいわてんのう)」が法輪寺にて成人の証として「勅願法要」を行ったとされています。

この時の清和天皇の年齢が数えで13歳だったというのです。

これにより、十三詣りとは13歳で虚空蔵菩薩に参拝をするわけです。


どこにお詣りをするの?

福徳と英知を祈願することから、十三詣りでは虚空蔵菩薩(こくうぞうぼさつ)に親子一緒に参拝するのが昔ながらの仕来りです。

その為、虚空蔵菩薩を祀っている寺社に行くのが良いでしょう。

虚空蔵菩薩とは、宇宙のように広い智慧(ちえ=知恵)と慈悲をもった菩薩様です。

その為、十三詣りは別名「知恵詣り」「知恵もらい」と呼ばれることもあります。

虚空蔵菩薩の功徳(くどく=ご利益)は、知恵や暗記力だけではありません。

あらゆる財宝を得られ、また所願成就の功徳があるといわれています。

近所に虚空蔵菩薩が祀られている寺社があれば良いのですが、ない場合もあります。

そういう時は、氏神様の神社など普段参拝している近所の寺社でも大丈夫です。


 何をすればいいの?

十三詣りは七五三と同様、これまで健やかに成長できたことに対し感謝をするために、親子一緒に参拝しましょう。

また、参拝した時には半紙に自分が大切にしている又は好きな漢字を、一文字書いて奉納するのが仕来りです。

この時に書く漢字は何を書いても大丈夫ですが、本人の想いや願いをしっかりと込めて書くのが大切です。

その後、祈祷を受けお守りとお供え物をいただきましょう。

ただし、その後本堂を出て参道を歩き鳥居をくぐるまで、絶対に後ろを振り返ってはいけません。

これは、せっかく授かった智慧をお返しすることになるという言い伝えがあるためです。

後ろを振り返ると授かった智慧を返さなければならないとは、何とも悔しいものです。

13歳というと思春期を迎え、子どもから大人に移り始める不安定な年齢です。

昔でいうと元服も行われていましたし、そういった意味でも節目の年でもあります。

そんな年齢だからこそ、周囲の誘いに動じず後ろを振り向かないで貫き通す、という意味も含まれています。


いつお詣りすれば良い?

参拝時期は春です。

旧暦でいうと3月13日、新暦では4月13日になります。

その為、小学校を卒業し、中学校に入学する時期に行われることが多いです。

春に行う理由は、虚空蔵菩薩が13番目に生まれた菩薩様という説から、虚空蔵菩薩に縁が深い3月13日になったそうです。

ただし、七五三同様現代ではなかなかこの日に参拝にすることが難しいので、4月13日を挟んで前後一か月、3月13日~5月13日に行うことが多いです。


服装は?制服?着物?

男の子は羽織袴姿、女の子は本断ち(大人の寸法)で肩上げした着物(晴れ着)を着るのが慣わしです。

ただ、女の子の着物は帰宅してすぐに、肩上げで縫い留めていた糸をほどくまでが儀礼となります。

ただ、近年では中学校の制服を着て参拝したり、少しおめかしをした程度の私服で参拝をしたりなど、服装にそこまで拘りをもたないことも増えてきました。


 最後にまとめ

十三詣りはまだあまり聞きなれない伝統行事かもしれません。

それに、13歳で大人と言われても、現代の私たちにとってはあまりピンとくる話でもないですよね。

しかし、古来より大人の入り口として行われていた十三詣りを、現代でも行うことで子ども達の気持ちに少し変化もあるかもしれません。

今までの成長とこれからの更なる飛躍を願って、親子で一緒に参拝してみてはいかがでしょうか。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存